スス

やっと梅雨らしくなりましたね。
ジメジメして暑苦しいけど、草木にとっては嬉しいようで、
庭の雑草の伸びる速さは尋常じゃありません。
休日は大忙しです。

さて、昨日ちょっとお話した、煙突が詰まってしまうとどうなるかの続き。
実際は煙突が詰まるというより、
煙突トップの防鳥網(鳥が侵入したり、巣を作らないように防ぐ網)部分に、
ススが付着します。

新品のトップ
c0123272_9423423.jpg


ススが付着したトップ内部
c0123272_9431047.jpg


このようにススが付着すると、煙は出口がなくなり薪ストーブ本体から室内へ逆流します。
これは結構突然起こります。
注意していると燻った感じの臭いがする予兆はあるのですが、
まず気が付きません。

煙突のススはこんな感じで付着してます。
c0123272_9494613.jpg


上の写真は断熱二重煙突なので少量ですが、
シングル煙突ではもっとかなりの量付着します。
このススに引火するいわゆる煙突火災は、1000℃にも高温になると言われ、
非常に危険です。

二重煙突はちゃんと掃除すれば、下のように綺麗にススを除去できます

掃除後の煙突内部
c0123272_952464.jpg


我々が断熱二重煙突をお勧めする理由はここにあります。


では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-03 10:06