<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

薪集め

しかし朝青龍にも困ったもんです。
いろいろ事情があったのでしょうが、ケガしてるんだからサッカーしちゃいけませんよね。
でも、楽しそうでしたね。
いっそ転向したらどうでしょう?日本代表はFW不足ですから・・・

薪ストーブ屋をしていると、ありがたいことに結構薪の原木をいただくことも多いです。
先日もある方から、おすそ分けを頂きました。
c0123272_102512.gif


山中湖店では隣の会社も含め、全部で5台ものストーブを冬場は使用しています。
当然販売もしてますからその薪の量はかなりのものです。
例年2台の薪割り機を駆使してこの夏場に準備しています。
昨シーズンは年末でなくなってしまったので今から心配・・・
[PR]

by washi3210 | 2007-07-31 10:35

桂川

ご無沙汰しちゃいました。
チョイト忙しかったこともありますが、何事も継続することは大変ですネ。
反省です。

さて、梅雨も明けて夏休み時期ともなると、山中湖界隈はとたんに賑やかになります。
ご存知この地は学生のテニスなどのスポーツ合宿のメッカであります。
どこへ行っても若者たちでいっぱいです。
イイデスネーッ若い人は。何をやっても楽しそうです。
でも、歩道を横に並んで歩くのやめて欲しい。
ジョギングしづらいんだよね。

で、今朝は近所の桂川を早朝散歩。
桂川は渓流釣りで有名なとてもきれいな川です。
c0123272_9552317.jpg

地元の方もかなり気を使って整備しているようですが、
やっぱりどこにでも不心得者はいるようで・・・
c0123272_9571881.jpg

折角の清流が台無しです。

住人のカモ君も怒って鳴いていました。
「ガーーーッ」。
c0123272_1041486.jpg


では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-29 10:04

男の隠れ家

先日ちょっと書きましたが、
週末の山中湖店ではセルフビルドした建物で寝泊りしてます。
『男の隠れ家』と広言しているので、それなりに内装はこだわりながら作りました。
実は外壁の塗装がまだだったり、電気が仮設の投光機だったりで100%完成してません。
先日の台風では、窓枠から(窓も含めて自作です)雨漏りがしてきました。
コンセプトは「自分で作る。既製品を使わない。自然と一体」です。
だから雨漏りも楽しんでます。

薪ストーブはデザインがとても気に入っている『ヨツール・602』を使っています。

c0123272_17245760.jpg


『ヨツール・602』はコンパクトながら8畳ほどの部屋をたやすく暖めます。
側面にはノルウェー王家の紋章「ノルウェーライオン」がレリーフされ、
高貴な美しさをさらに高めています。
横浜の自宅では「VCアンコール」使用。山中湖店では「VCデファイアント&アンコールエヴァーバーン」
横浜店では「ヨツールF500」。
冬は人もうらやむ薪ストーブ三昧なのです。

では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-18 17:53

台風4号

今回の台風4号は大型で非常に強いとのことで通過までかなり緊張しました。
なにしろ、ここ山中湖は富士山の影響なのか、想像を絶する突風が吹いたりします。
数年前薪小屋の屋根が飛ばされたこともありました。
まして、店は私の手によるセルフビルドですから、いろいろ想像するとかなり恐ろしい。
よくアメリカでハリケーンによって屋根だけそっくり剥がされていることがありますが、
決してひとごとではありません。


c0123272_15272950.jpg


台風だけでなく地震も心配です。店本体は平屋でしかもベタ基礎にしてあるのでその点
安心なのですが、倉庫兼居住スペース(自分では「男の隠れ家」と呼んでいます)は2階建て、しかも2×4材からの100%手作りなので震度5以上は自信ありません。
もっとも、両脇は建物に挟まれているので全壊することはないと、たかをくくっていますが・・・・

では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-16 15:32

クリーンバーン第1号

おはようございます。
台風4号の動きがとても気になりますね。
九州・四国地方の方、くれぐれも御注意を!

さて、いまや薪ストーブの世界では、クリーンバーンやコンバスター、
はたまた最近ではエヴァーバーンといった二次燃焼方式のストーブは当たり前です。
昔と比較すればその性能は劇的に進歩してきたようです。
その第一歩を記したクリーンバーン第一号を先日ヨツール総輸入元の㈱トコナメエプコスさん
で見てきました。

c0123272_954571.jpg

この『ヨツール・201ターボ』は1981年世界初のクリーンバーンとして登場したそうです。
かなりシンプルな形ですね。

では、また。

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-13 09:05

スマートスプリッター

サッカーアジアカップの昨日の試合は残念でした。
どうも日本代表はこらえ性がありませんねぇ~

さて今日は簡単便利な薪割り機の話。
スウェーデン製の『スマートスプリッター』はお年寄りや女性でも
安全かつ楽に薪割りが出来るスグレモノです。
使い方は土台になる丸太に固定して刃の部分を薪に乗せます。
c0123272_1634513.jpg

後は、ウェイトを上から振り下ろせばOK。
少し手首のスナップを利かせれば威力は倍増します。
c0123272_1664021.jpg
c0123272_168033.jpg


薪割りは「男の仕事」なんて時代はもう古いかもしれません。


では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-10 16:20

マイ ブーム

薪ストーブの火には、断じてアルコールは欠かせません!
揺らめく炎を眺めながら、時に寡黙に人生を見つめ、
時に饒舌に友と熱く語る。
また、やってしまいました。かるーく二日酔い・・・・

c0123272_15531844.jpg


いま、日本酒にはまっています。
最近偶然見つけた生酒 『菊水 ふなぐち』。
まったりとしたコクがあってスコブル旨い!!!
特にオンザロックが良いです。お好きな方は是非一度お試しあれ。

c0123272_15523924.jpg


最初に飲んだときは思わぬ大発見に感激しましたが、
どこのスーパーでも普通にあって、少々ガッカリ。
しかも、アルミ缶まであります・・・・

では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-08 16:01

ヨツール

昨日・今日と、ヨツールの研修会が茨城の㈱トコナメエプコスさんで行われました。
御存知 ㈱トコナメエプコスさんはヨツールの日本総輸入元で、
ブロスはここの正規販売施工代理店であります。
(ブロスは他メーカーの販売施工代理店でもあります)

研修はおよそ年に1度程あり、同業者との情報交換や、技術的な講習を受けたりします。
下の写真はヨツール・F500のオーバーホールを想定した分解方法をレクチャーされている
ところです。

c0123272_17294157.jpg


c0123272_173081.jpg


薪ストーブも日々進化し、次々と新たなモデルが開発されています。
それに伴い、我々ストーブ屋も常に新しい情報を得て、
技術を学んでいます。


では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-06 17:46

タール

今日の横浜は梅雨は一休みだそうで、
なかなか快晴で暑くなりそうです。
みなさん、体調にくれぐれも気をつけて下さいね。

我々ストーブ屋はよく煙のススやタールの話をしますが、
皆さんにはどんなものか、いまいちピンとこないようです。
そこで写真紹介。

下の写真は角型トップの天板に付着した、タールが凝結したものです。
(トップを仰向けにした状態)
この状態は寒冷地などで多く見られ、煙が外気にされされ天板で冷却され結露し
固まった状態です。
やはりメンテナンスして除去する必要があります。

c0123272_8471640.jpg


掃除後は・・・
c0123272_847479.jpg


当然ながら薪は均一な状態ではありません。
樹種により燃え方も違えば、個々で乾燥状態も変わります。
加えて、薪ストーブは使用者に性能の多くを委ねられています。
つまり、使用する者によって安全にも危険にもなるし、
快適だったり不快なものに変わります。
薪ストーブは人間が扱う道具なんです。
だから、奥深い。
だから、魅力的で面白いんです。


では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-05 09:03

スス

やっと梅雨らしくなりましたね。
ジメジメして暑苦しいけど、草木にとっては嬉しいようで、
庭の雑草の伸びる速さは尋常じゃありません。
休日は大忙しです。

さて、昨日ちょっとお話した、煙突が詰まってしまうとどうなるかの続き。
実際は煙突が詰まるというより、
煙突トップの防鳥網(鳥が侵入したり、巣を作らないように防ぐ網)部分に、
ススが付着します。

新品のトップ
c0123272_9423423.jpg


ススが付着したトップ内部
c0123272_9431047.jpg


このようにススが付着すると、煙は出口がなくなり薪ストーブ本体から室内へ逆流します。
これは結構突然起こります。
注意していると燻った感じの臭いがする予兆はあるのですが、
まず気が付きません。

煙突のススはこんな感じで付着してます。
c0123272_9494613.jpg


上の写真は断熱二重煙突なので少量ですが、
シングル煙突ではもっとかなりの量付着します。
このススに引火するいわゆる煙突火災は、1000℃にも高温になると言われ、
非常に危険です。

二重煙突はちゃんと掃除すれば、下のように綺麗にススを除去できます

掃除後の煙突内部
c0123272_952464.jpg


我々が断熱二重煙突をお勧めする理由はここにあります。


では、また

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-07-03 10:06