トマホーク来襲!

ここ山中湖は朝方激しい雨が降りましたが、現在は快晴でとても気持ちいい陽気であります。
暑過ぎず寒からず。 という訳で、
今日は『薪ストーブライフ』にも記事があった、ドイツ製の斧『トマホーク』に挑戦。
『薪ストーブライフ』の編集長のNさんが絶賛していましたから興味津々。期待に胸躍ります。
テスト種は取材していた TM-7ヘビー・スプリッティング・アックス。
重さはグレンスの『薪割りモール』とほぼ同じで2.3kg。

c0123272_11203226.jpg


肩慣らしで小ぶりの丸太を最初いってみました。
『トマホーク』はグレンスと違って刃があまりないタイプ。
斧の重さでパカッと、いともたやすく割れちゃいます。

次は玉切りして半年のケヤキ。フシもあって直径30cmぐらいの丸太。
結構手強いです。
が、斧の入りがグレンスと違いますね。
一回で割れなくてもズシッと入り込みます。ケッコウ良いです。
グレンスの『薪割りモール』と交互に試験しました。
『トマホーク』は太い丸太にかなり威力を発揮しそうです。
ウーン イイカモ!

c0123272_11352116.jpg

c0123272_1137644.jpg

c0123272_11452970.jpg

c0123272_11455095.jpg


個人的結論。
『トマホーク・TM-7』とグレンスの『薪割りモール』とを比較するとトマホークかなぁ~って感じですね。ただしトマホークの樹脂製の柄が軽くて全体のバランスが悪いような気もします・・・・
また、トマホークのデザインは近代的で洗練されて良い面もありますが、
グレンスの伝統的デザインと、使いこなしたヒッコリーの柄の表情は捨てがたいものがあります。
まぁ 好みの問題ですね。(無責任だなぁ。)
つまり、斧は道具ですから、自分にあったものを試して選びましょう!(ブロス山中湖店にて
可能デス!)

次は『トマホーク・TM-5』とグレンスの『大型薪割り』を試してみます。

では また、

薪ストーブショップ『ブロス』
http://www.bros-stove.com/
[PR]

by washi3210 | 2007-05-19 12:15