薪割り

・・・・・・ふーーーっ (ため息)
待ちに待った4年に1度のWCの戦いが予想だにしない結果ではないか・・・
一体どうしたと言うんだ。
香川君・本田君 君たちの力はこんなもんじゃないはずだ。
・・・・・
とはいえ世界の壁は厳しく高いのだ。
この苦難を乗り越えてこそ日本の将来が切り開けるのだ。

神は乗り越えられ者にのみ試練を与えると言う。

そう、だから
薪割りが大変だからと言って挫けてはいけない。

実はほとんどの木が割りにくい。
実は生木は重い。
実はとんでもなく時間がかかる。
実は腰が痛くなる。
実はホントはやってられない・・・・・のだ。

でも、あの暖かさは失いたくない。
でも、あの薪の爆ぜる音を今年も聞きたい。
でも、家族が喜ぶ顔が見たい。
でも、またあの炎の揺らめきを見たい。

だから、ヤッパリ まきストーブが大好きなんだ。


つまり、明日はイチニチ薪割りの日なのだ・・・・・ムムッ。

c0123272_21134130.jpg


写真はノルウエー旅行に行った際に偶然遭遇した薪割りオジサン。
すんごいパワーでした。
[PR]

by washi3210 | 2014-06-23 21:21