F500ホットプレート

富士山が世界遺産に認定されるとか・・・
富士山麓の薪ストーブ屋としては、なんとも感無量であります。。。。

私がもし、薪ストーブベスト3を選ぶとしたら、
迷わずヨツール・F500をその一つに選ぶでしょう。

F500はノルウェーの名門「ヨツール」の代表的な機種で、
そのデザインは伝統的でクラシカルな要素を踏襲しておりますが、
モダンなリビングの現代住宅にもベストマッチする姿はまさに秀逸です。
奥行きのあるずっしりとしたボディは重厚感があり、
まるで永遠の暖かさを約束するかのような信頼感に満ち溢れています。
加えて、その操作性は実にシンプルかつイージー。
さらに、その炎は、いわゆる「オーロラの炎」といわれるように、
時に激しく、時に優しく、時に静かに、神秘的な姿で魅了してくれます。

そんなF500ではありますが、
敢えて短所を上げれば、天板の温度の低さでしょうか。
これはクリーンバーン燃焼の宿命でもあるので、ある意味しかたないことなのですが、
やはりその温度(といっても250度程度にはなる)に若干不満も残る。
天板の上で料理をしたい。とか
お湯を沸かす。となるとやはりいまひとつパンチがないことは否めない。

で、そんな不満を解消するのがオプションで天板に取り付ける「ホットプレート」。
これさえあれば、まさに「完璧」向かうところ「敵なし」であります。
お湯は沸騰するは、目玉焼きだって可能です。。。。

c0123272_152078.jpg

上の写真はブロス 山中湖店でホットプレート装着のF500であります。

まるで「河童のお皿」みたいで、デザイン的にはちょっぴり残念ですが、
そこはそれ、外観よりは「実用性」を取りましょう・・・・

ホットプレート  ¥39,900 ナリ
[PR]

by washi3210 | 2013-05-07 15:11